ベベ夫の希望 『 パリでうちごはん 』 がしてみたい!


c0134408_14473795.jpg



        ホテル前のグルネル市場で花を買い求める。
        花瓶と色があってないじゃないか、アネモネ好きだもん、お部屋に花があるっていいね、そんな会話で始まる2012春のパリ。
        




 

c0134408_1151376.jpg


      「 家で食べるみたいにアパルトマンでゆっくりご飯を食べたい!」 今回の旅行では珍しくベベ夫からこんなリクエストがありました。
      これは到着翌日の写真かな? まだ調理器具に慣れなくて生野菜をサっと洗ってキャトル・オムで買ったミモレットチーズを
      ドレッシング代わりに散らしてみたり、Nっぺ大好物の揚げ春巻きそして絶品トマトのタタン。
      当初はこんな美味しいものばかりを集めていたけれど、その翌日からはマルシェで買った野菜を使って「実践!パリでうちごはん」。

教本はもちろんのことコチラ↓ 


パリで「うちごはん」そして、おいしいおみやげ―暮らすように過ごす旅レシピ

重信 初江、  ソシエテボンヌ 共著/ 小学館




      パリでうちごはんのレシピからアパートメント・ホテルの紹介、そして滞在にあたっての持ち物アドバイスまでの実践本!
      もちろん見ても楽しい1冊です。




c0134408_11312422.jpg


        で、今度は場所選び。ここからはちょっと長いです、語らせてくださーい!
        滞在したのは『パリで「うちごはん」』の著者であるsocietebonneご両名さんのブログでカトウさんが紹介された
        シタディーヌ・トゥールエッフェル
        カルティエは15区ですが7区との境になるので右を向けば落ち着いたたたずまい、例えば高級アンティーク街
        ヴィラージュ・スイスがあり、左を向けばGAP、H&M、Macなどのファストファッション、フードがあったりと
        賑やかさも兼ね備えた中心部にありました。スタバもハーゲンダッツも至近距離!
        そして利便性がいいんです!目の前に地下鉄3線(6,8,10)が乗り入れる La Motte-Picquet Grenelle駅
        があります。窓口が早朝から開いていますので札しかない方でもチケットを買うことができます。
        エッフェル塔を眺めながらグルメ街エコール・ミリタリー界隈を抜け、サクレクール方面に向かうバス80番線のバス停も
        乗車は↑の写真はホテル前の交差点、通りをはさんで真向かいに位置する人気Cafeですがそのすぐ近くに乗車停留所、
        ホテルまん前が降車停留所という便利さ。この80番線のバスがまた壺なんです、私の!(その話題はまた改めて)




c0134408_13131930.jpg


        また食道楽な方にも超おすすめ!
        ネオビストロがたっくさん!と言われる15区、そのエリアからは正直少々離れていますがホテルから200mほど歩けば
        7区で人気パン屋のSecco2号店があり、そのまた150m先にはあのポワラーヌの支店があります。
        滞在中夕方はSeccoのホカホカバゲッドを夕食用に買い、朝は8時に起床しまずはポワラーヌで焼きたてクロワッサンと
        タルト・オポム、もちろんSeccoにも寄ってフィグのカンパーニュを。焼きたてショソンを見るとやっぱり買ってしまい・・・
        そんなパン喰い道楽ができます、最高の贅沢です。
        ちなみにシタディーヌ・トゥールエッフェルでは有料で朝食が取れますが、呈供されるパンはSeccoのパンと思われます。
        朝食時間を過ぎると1階ロービーに「ご自由にどうぞ」とパン入りのバスケットが出されますが、私は見逃さなかったー!
        Seccoのシューケット(これも本当に美味)とパン・オショコラがあったことを。。




c0134408_13275034.jpg


        パリまで行って料理かよ。。と思われる方もご心配には及びません!
        ホテル横の道を挟んで隣には服飾雑貨から家庭用品そして選ぶのに困るほどの食品、なかにはあのCANTINの
        チーズショップもあればアラン・ミリアの極上ジュースだって陳列されている大っきーいモノプリがあります。
        そしてそしてホテル前から6番線に乗って2駅行くと、そう書くと「ちょっと距離あるじゃん」と思われるかも知れませんが
        1kmもありません。我が家は往路は記念に(地上を走る眺めの良い地下鉄)地下鉄に乗って、復路はぶーらぶら歩いて
        帰れる距離、そんな距離にまた素晴らしいお店があるんです。専門はシャルキュルトリー、食肉加工専門店
        いわゆるハム屋さん、ジル・ヴェロ(Gilles Verot)の2号店があります。
        美味しいモノを買ってゆっくり自室でいただく、これも幸せな時間です。




c0134408_13415175.jpg


        これが地上(といっても高いところ)を走る地下鉄6番線です。
        そうそう、私たちの部屋はこの地下鉄の音が少々聞こえました。
        平日朝はまず5時ごろ一本目、30分くらいおいてからは平常運行になるのでしょうね、結構行き交う音が聞こえます。
        最初は「なんじゃ?」でしたが、ベベ夫じゃないけれど「すぐ慣れてまう音」。ほんの2日で生活の一部になりました。

        シタディーヌ・トゥールエッフェルの滞在は本当に快適でした。

        「このホテルに決めて本当に良かったね!」、野菜のごった煮とジル・ヴェロのパテを食べながらしみじみとパリ最後の夕餉を
        楽しんだNっぺ一行。
        ソシエテ・ボンヌ カトウさま&すみのさまに感謝です!





       
        
        
        
 
by ami-imanami | 2012-04-04 14:19 | 旅日記


趣味、育児、仕事そしてほんの少しの家事。4分割な私の毎日              


by amiちゃん

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • 著作権は放棄しておりません。このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストの全てを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 06月
more...

その他のリンク

カテゴリ

全体
息子語り
フルーツで元気
焼き菓子 <手作り>
おいわい
スイーツ
徒然
季節語り
やすみの日
おでかけ
旅日記
和のお菓子
ありがとう
まち
美味しい外食
手まえみそ
クリスマス ♪
オフ会♪
カメラ遊び
息子とパリへ6日間
コレうまか~
お気に入り
Lesson
覚書
ビーバースカウト
はじめまして

最新のトラックバック

アラン・ミリアのジュース..
from Paris⇔Tokyoソシエ..
マツヤのロシアチョコレート
from coruha*のへそ 
大人の林間学校 2010..
from Azumi'sDiary
Eggs'n Things
from Boite de ouvra..
私の今をちょっと幸せに♪
from きれいの瞬間

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スイーツ

画像一覧